当部について

このクラブは創部以来60年に及ぶ歴史、コンクールやコンテストでは全国大会に4度出場という実績があります。卒業生にはプロの音楽家も多数おり、学業でも国立大学や私立大学、希望する日本大学の学部に進学する生徒が多く、まさに文武両道を実践している活気あるクラブです。

「音楽を通して紳士の育成」中高一貫男子校のクラブとして、礼儀正しく優しい豊山生の「心」を大切に、思いやりのある温かいサウンドを目指して練習しています。学校行事やコンクール・定期演奏会・マーチングなどを通して中1から高3までの6年間の成長を見る事が出来る素晴らしいクラブです。

このページの最上部へ


年間行事(2014年度予定)

4月入学式
5月ゴールデンパレード
6月バンド・フェスティバル
7月
8月コンクール
9月コンサート
10月
11月文化祭
12月定期演奏会
1月アンサンブルコンテスト
2月
3月卒業式

このページの最上部へ


顧問

増田徹夫(ますだ てつお)

日本大学芸術学部声楽科卒。本校音楽科教諭。東京都高等学校吹奏楽連盟理事長。

このページの最上部へ


コーチ

金管楽器コーチ
友枝 洋平(ともえだ ようへい)

1981年東京都生まれ。チューバ奏者。日本大学商学部卒業及び東京ミュージック&メディアアーツ尚美コンセルバトワールディプロマ科修了。在学中、フレッシュコンサートに出演。  2007年ドイツへ留学し、ハンブルク音楽院に入学。  在独中はオーケストラ奏者としてハンブルク・クラシックフィルハーモニー、ハンブルガー・カメラータ、室内楽奏者として北ドイツ放送響ブラスクインテット(NDR Brass)、またソリストとしてハンブルク福音教会のクリスマス礼拝等で演奏。  2010年、ハンブルク音楽院芸術家課程修了、帰国。  2011年、地元狛江で初めてのソロリサイタルを開催。  2013年、春日井康平等と《春、久しく友にあう》―歌と器楽の演奏会を山梨、横浜で開催。  ソロ以外も室内楽、オーケストラ、吹奏楽指導等、様々な活動をしている。  これまでにテューバを佐野日出男、ローター・ウート、マルクス・ヘッツェル各氏に、室内楽を稲川榮一教授に、インプロヴィゼーションを山岡潤氏に師事。


木管楽器コーチ
千葉一喜(ちば かずき)

国立音楽大学演奏学科在学中。サックス。


木管楽器コーチ
前山佑太(まえやま ゆうた)

東京音楽大学在学中。クラリネット。

このページの最上部へ


指揮者・パート

名誉指揮者
大橋秀丸(おおはし ひでまる)

北海道出身。ホルン奏者。旭川師範学校を経て、東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。ホルン奏者としてNHK交響楽団等で活躍。芸術大学、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、盲学校や定時制高校にて、音楽の指導にあたり、各地のコンクール審査員、国学院栃木短期大学教授を務めた。創作オペラが13曲ある。著書に『ホルン教則本』(全音出版)がある。


常任指揮者
大熊克実(おおくま かつみ)

1991年、日本大学芸術学部卒業
本校音楽科非常勤講師。フリーランスのフルート奏者として、各管弦楽団、室内楽団、ミュージカル演奏などで、ご活躍中。フルートを宮本明恭、金 昌国、渡辺圭一、自尾彰、室内楽を鈴木清三、北爪利世の諸氏に師事。1991年夏、オーストリア・ザルツブルクに渡り、モーツァルテウム音楽院夏季国際セミナーにて、ペーター=ルーカス・グラーフ、カールハインツ・ツェラーのマスタークラスを修了。同年10月、摂津音楽祭リトルカメリアコンクール入選、翌年8月、フランス音楽コンクール入選。1994年ソロリサイタルを、97・99年デュオリサイタルを開催。現在、新日本フィルハーモニー交響楽団など多くのオーケストラに客演。また、『ラ・マンチャの男』『エリザベート』『屋根の上のヴァイオリン弾き』他多数のミュージカルにも出演。他には、コンクールの審査員を務めたり、全国各地のクリニックで指導を行うなどジャンルにとらわれない多彩な活動を繰り広げている。


木管楽器


クラリネット
クラリネットパートは、この部活で一番人数が多いパートで、主に曲のメロディを吹いています。 パートの雰因気は明るくて、楽しいパートです。 人数を募集しているので、初心者の方でも気軽に足を運んで下さい。

フルート
こんにちは。フルートは吹奏楽でもオーケストラでも主にメロディを受け持ち、優雅に空を飛んでいる感じです。と言うと女性をイメージするかもしれませんが全員男子です! 優しくカッコ良い先輩が吹くフルートは、みなさんのハートをGetします。指導者の大熊先生がフルーティストなので、女の子にモテたい人集まれ〜。

ファゴット
はじめまして。ファゴットパートです。 ファゴットという楽器は木管楽器でとても長い楽器です。 主に低音域を担当していますが、オブリガードやメロディーを吹いたりいろいろなことを担当する楽器です。 またCMやドラマの挿入曲などにもよく使われる楽器でもあります。 明るく部活内外でも、とても仲の良く皆面白いパートです。 楽器初心者でも大歓迎です!

サックス
こんにちは!サックスパートです。 このパートは一言で言うとみんな性格がよく仲がいいです。 それでは楽器について紹介させて頂きます。 サックスは管楽器の中でも最も多くの種類があります。 豊山にはソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスの4種類があります。 楽器を知らない人でも音符が読めなくても、このパートに入れば充実した楽しい学校生活を送れます。 是非来て下さい。よろしくお願いします。

オーボエ
美しいメロディをたくさん吹くこの楽器。でも例えられ方がチャルメラの音・・・と言われます。世間一般ではそうですが、豊山のオーボエは違います。美しい音色でみなさんの心に響く、代々とても優しい人たちが受け持っています。どんな音か気になったあなた、オーボエにチャレンジ!



金管楽器


トランペット
どうもトランペットパートです。 どなたも一度は聞いたことがあるトランペットパートは今、中学生・高校生共に仲良くやっています。 何度も言いますがトランペット聞いたことありますよね? 経験者でも初心者でも大歓迎ですので是非、吹奏楽部に入ったらトランペットパートに来て下さい! トランペットパートの全員があなたが来るのを待ってますよ!

ホルン
はじめましてホルンパートです。 ホルンは吹奏楽、オーケストラなどでもとっても重用な楽器で、 CMなどの曲でもよくとりあげられています。 例えば、いきなり黄金伝説で流れる曲などがあります。 さらに、ホルンは元々角笛として使われていたりと実はとってもポピュラーな楽器なのです! 音の特徴は、まるで天使のような澄んだ音色から力強いマンモスのような音色など本当に魅力的な楽器です。 なおかつ、他の金管楽器よりも音域は広くまさにking of 金管ともいえる本当に本当に素晴らしい楽器です。 是非ともこれを見て下さった方々、ホルンに触れてみてはいかがでしょうか? きっとホルンが素晴らしいビューティフルな音楽の世界に誘ってくれるでしょう。

ユーホニウム
オーケストラではほとんど出てこないユーフォニアム。えっ、ユーホニュームじゃないの!? はい、同じです。でもユーフォニアムと言うところに誇りを持っているんです。吹奏楽ではオブリガードを吹かせたら右に出る者は居ない、ブラスバンドのスーパー楽器なんです。スーパー楽器なのに音も出しやすい。こんな豊山生にピッタリな楽器はありません!

トロンボーン
こんにちは。トロンボーンパートです。 トロンボーンパートは中学生から楽器をはじめた人がほとんどですが、 中3になるころには優しい先輩のおかげで、みんな上手になっています。 先輩、後輩とのコミュニケーションが多く、他のパートより温和なパートです。

チューバ
チューバは譜面を見ても何の曲かわかりません。でもチューバの人にはわかるんです! それがうれしいんです。みんな気付かないかもしれないけど、俺たち居なくなったら薄っぺらい貧弱な音楽になっちゃうんです。こんな縁の下の力持ちを俺たちはカッコ良いと思います。



弦・打楽器


コントラバス
こんにちは、コントラバスパートです。 コントラバスという楽器はヴァイオリンと同じ種類の楽器です。 簡単に言うとヴァイオリンを縦に大きくしたという感じでしょうか… 実際今いるパートの人たちもコントラバスなんて知りませんでした(笑) このパートのバンドでの役割というと、弓を使って弾いたり、指を使って弾いたり、くるくる回ったりしています。 管楽器に自信がないなぁとか、あの楽器面白そうだなと思った方は一度来て体験してみて下さい。

パーカッション(打楽器)
僕たち打楽器パートは、文字通り叩けば音が出る打楽器を扱っております。 例えば、皆さんご存知の小太鼓(スネアドラム)、大太鼓(バスドラム)、シンバルを初め、音階のあるティンパニや鍵盤楽器があります。 この他にも、タンバリンやトライアングルを初めとする50種類以上の小物楽器があります。 そして、文化祭等のマーチングの行事で活躍するマーチング楽器もあります。 例えば、バチを振り回して叩く豊山名物の豊山B.D、1つの楽器に5つの太鼓が付いているクイントがあります。 まだまだ紹介したい楽器はたくさんありますが、これほどの楽器に触れることの出来るパートは打楽器パートしかありません。 今後、打楽器の奏でる様々な音色に注目してみて下さい。

このページの最上部へ